ゴルフの基本中の基本・グリップを石井忍プロから習い、いよいよボールを打てると思ったら、「打つ前にもう一つ大事なことがある」と言われてしまった!それは打つときの立ち方=アドレス。なんでも石井プロが言うには「グリップとアドレスでスイングの良し悪しが決定的に変わる」のだとか…

【前回までのあらすじ】
第1回/まずは練習場に行ってみよう!

http://golflife.alba.co.jp/beginner/765

第2回/グリップをおろそかにする人に成長なし!

http://golflife.alba.co.jp/beginner/934/

取材協力:エースゴルフクラブジャパンゴルフスクール

ゴルフのスイングは、グリップとアドレスで8割が決まる!

「じゃあ石井プロ!グリップを覚えたのでもう打ってもいいですよね?」

石井『いやいや、まだダメです!もう一つ覚えなければならないことがあります。それはアドレス、ボールに対して構えたときの立ち方ですね』

「立ち方?そんなことまできっちりと覚えないといけないんですか?」

石井『前回教えたグリップと、これから説明するアドレス。この2つでスイングの8割が決まると言っても過言ではありません。ゴルフというスポーツは、動作の再現性が最も大事。一流のプロゴルファーでさえ、毎回正確にアドレスを出来るかといえばそうではありません。今回はグリップ同様に“これだけは覚えておけば安心”というところまで教えましょう!』

アドレスの基本を覚える

石井『まず直立した状態から股関節を意識しつつ、腰から上体を折って、お辞儀をするように前傾します。前傾角度はおおよそ30度。そして背筋を伸ばしアゴを引いて胸を張ります。親指の付け根(拇指球)に自然に体重がかかるよう軽くヒザを曲げてください』

①-1

① 腰から上体を折って前傾する
② 胸を張って背筋を伸ばす
③ 上体を前傾させてから、適度にヒザを曲げる
④ 過度につま先体重になったり、カカト体重になったりしないようにする

石井『①~④まで出来たら、両足を肩幅程度に開いて、両ヒジが腰のあたりを向くようにして、ワキを締めてボールに対して構えましょう』

①-2

⑤ 両足の間隔はおおよそ肩幅程度に開いて、体重を両足に均等にかける
⑥ ボールの位置は体の正面にセットして、ワキを締める。
⑦ 両ヒジは腰のあたりを向くように。外側を向くのは✖
⑧ グリップエンドが左股関節を向くようにする
⑨ クラブのフェース(打つ面)が開いたり、被ったりしないようにする

石井『この①~⑨の手順が基本的なアドレスの作り方です。ポイントは前傾(体の傾け方)と、アドレス時の腕とクラブの角度です!』

②

石井『私のアドレスの前傾角度、手首とクラブで作られる角度が適正です』

アマチュアがやりがち!間違った構え方

石井『はじめのうちは〝体が起きすぎて、手首が前に折れてしまう″〝前傾が深くなり、手元が下がりすぎる″など、カッコ悪いアドレスになりがち。これでは正確なスイングは絶対にできません』

③④

石井『どんなに経験積んでも、アドレスの再現性を高めるのは非常に難しいこと。グリップ同様、初心者のうちに①~⑨の正しい型を繰り返し覚えることが重要ですよ』

※次のページ>>正しいアドレスをするためのチェック方法は?