親指を立てれば、飛距離が伸びる

石井『ハーフスイングに慣れてきたら、手元が腰の位置まで上がって時に左手の親指を立ててみてください。地面と水平だったクラブを垂直に立てるイメージですね。手首を甲側にも手のヒラ側にも折らず、自分の顔に親指を向けるように手前に折るだけで大丈夫です』

⑥

石井『ボールを払い打つ時は折った手首を元に戻して、打った後にも左の親指を立ててクラブを垂直にしてください』

⑦

「親指を立てたり、戻したりするだけでいいんですか?あれれ、ボールの飛ぶ距離が少し伸びました!腰から腰までの振り幅は変わらないのに何でだ?」

石井『同じハーフスイングには変わりないのですが、親指を立ててクラブが垂直に立ったことで、クラブヘッドが描く弧の大きくなったので、飛距離が伸びたんですよ。親指を立てないハーフスイングなら、ヘッドの運動量はおおよそ半円程度です』

⑩

石井『親指を立てたハーフスイングでは、明らかにヘッドの運動量が大きくなりますよね。手首を手前側に折ることを“コック”、そして折った手首の角度を戻すことを“リリース(=解放)”といいます。この“コック”&“リリース”によりクラブヘッドの動くスピードが上がります。ヘッドの運動量と速度が上がれば、当然ボールは遠くに飛びますよね』

⑨

石井『ゴルフではボールをより遠くに飛ばすためには、“クラブヘッドを走らせる”=“ヘッドスピードを速くする”という言葉が使われます。クラブヘッドを走らせるためには手首を使った“コック&リリース”が欠かせません。人間がスピードを生み出すには関節の動きが重要になります。例えば野球でも速いボールを投げようと思ったら、ヒジを伸ばしたままよりも、ヒジを折りたたんで手首のスナップを効かせたほうがいいですよね』

sample01

石井『“コック&リリース”で、アマチュアゴルファーにとって壁になるのが“リリース”です。折った手首を早く戻しすぎても、キープしすぎても、ボールを払い打つタイミングが合わなくなります。クラブを下ろす瞬間からボールを打つ瞬間まで自然に解放していくのがベスト。練習するときは以下の4ステップを心がけてください』

⑧

①体と手元を同調させつつ、手元が腰の位置まで上がったら“コック”する
②体を捻り戻すとともに、インパクト(打つ瞬間)までに“リリース”
③ボールを払い打ったら、ボールを打つ方向へ向けて体を回す
④左手首を折ってクラブを立てる

石井『初心者にとっては“コック&リリース”を使ったハーフスイングは難易度が高い。ボールにどうしても当たらない場合は通常のハーフスイングの練習を行ってください。』

「確かに難しいですけど、コレを覚えれば上達は早いんですよね?」

石井『そうです。練習場について打席に入ったら、バカスカ打つのではなく、1球1球ハーフスイングを地道に重ねていくほうが、確実に成長が早いですよ。』

「わかりました!でも…ハーフスイングだけだと、ちょっと飽きてくるので、大きく振ってみたいなぁ」

石井『そうですね、それではフルスイングのポイントもいくつか教えましょうか』

続く…

次回は『いよいよフルスイングに挑戦!』です