前回、腰からの腰までのハーフスイングを石井忍プロに教えてもらい、ボールを打つ感覚を知ることが出来た。いよいよ“大きく振る=フルショット”に挑戦するゆるしを得たのだが、まずはスイングポジションを覚える必要があるという…

【前回までのあらすじ】
第1回/まずは練習場に行ってみよう!

http://golflife.alba.co.jp/beginner/765

第2回/グリップをおろそかにする人に成長なし!

http://golflife.alba.co.jp/beginner/934/

第3回/たかが立ち方と侮るなかれ!ゴルフはアドレスが命

http://golflife.alba.co.jp/beginner/1014/

第4回/ハーフスイングでボールを打つ感覚を覚えよう

http://golflife.alba.co.jp/beginner/1044/

取材協力:エースゴルフクラブジャパンゴルフスクール

スイングポジションの名称を覚える

石井『フルショットを打つ前に、スイング時のポジションの説明をさせてください!』

「スイングのポジションってなんですか?」

石井『ボールに対して構えることを“アドレス”と教えましたが、クラブを高く振り上げたポジションを“トップ”、ボールを打った後にビシッと止まるポジションをフィニッシュなど、ゴルフスイングには動きのなかそれぞれ名称があります』

「なんでそのポジションを覚えないといけないんですか?」

石井『アドレスからフィニッシュまで8つのポジション名がありますが、ゴルフのレッスン本などで良く出てくるワードなので、はじめの内に覚えておいたほうがいいですよ』

【バックスイング(アドレス~トップ)】

石井『アドレスの形から、体の回転を伴ってクラブを上げていくことを“バックスイング”といいます。バックスイングにおいて覚えるポジションは以下の4つです』


2
①アドレス/ボールに対して構えた形
②テークバック/バックスイングの初期動作で飛球線に沿ってクラブを上げる動作
③ハーフウェイバック/クラブを腰の高さまで上げた位置
④トップ・オブ・スイング(トップ)/クラブが最も高い位置に上がった状態

【ダウンスイング(切り返し~フィニッシュ)】

石井『トップからクラブを下ろしていく瞬間を“切り返し”といい、体の回転を伴ってクラブを振っていく動作を“ダウンスイング”といいます。スイングは前述したバックスイングとダウンスイング、そしてインパクト・フォロースルー・フィッシュから構成されます』

3

⑤ハーフウェイダウン/クラブを腰の高さまで振り下ろした位置
⑥インパクト/ボールとクラブが当たる瞬間のこと
⑦フォロースルー(フォロー)/インパクトからクラブを振り切るまでの動き
⑧フィニッシュ/スイングの一連の動作が終わり、静止した状態

“振り上げるのは肩口まで”のイメージで十分

「フルショットだとこんな高くまで手を上げないといけないのか…」

石井『無理してクラブを上げる必要はありません。手を高い位置に上げようと考えてしまうと、スイングの大前提である“スイング中、手元はつねに体の正面にある”が崩れてしまいますからね。せっかくハーフスイングでコツを覚えたのですから!』

「どこまで上げればいいか、基準はあるんですか?」

石井『体の回転とともにクラブを上げていった時に、“手元が肩の高さまでで十分”という意識を持ってください。“肩まで!”と決めたとしても、惰性で適正なトップのポジションに収まりますから』

「手元を上げるのは肩までですね!」

4

石井『やってはいけないのが、“グリップが剥がれてクラブが垂れてしまうこと”と“体を捻りすぎてしまうことです”。グリップが崩れてしまうとスイングが安定しませんし、無理にカラダを捻るとスイングの軸がブレてしまうのでショットが安定しませんよ』

5

「思いっきり飛ばしたいからって、クラブを振り上げすぎるのは良くないんですね!」

石井『その通りです。ショットの正確性を高めるためには、スイングの再現性を高めなければいけません。“グリップを崩さないこと”“リキまずにコンパクトに振ること”はスイングの基本ですよ。それでは打ってみましょうか!』

前傾角度を崩さない!お尻の位置も変えない!

「(バシュ!)(ペシンッ)(バシュ!)(ガツッ!)上手く球が上がって前に飛ぶこともあるけど、チョロっとしか飛ばなかったり、マットを叩いてしまったり…。なかなかショットが安定しないのですが…」

石井『そうですね、何球か打っているところを見させてもらいましたけど、アマチュアがやりがちな重大ミスを犯していますね』

「え、なんですか?教えてください!」

石井『まず“チョロ”が起きる要因は、“カラダの起き上がり”です。初心者はダウンスイングの際に、アドレスで作った前傾角度を崩してしまうことが多いのです。カラダが起き上がることで、本来届くはずの範囲からクラブの軌道が外れて、ボールの頭を叩いてしまうのです。空振りしている人も起き上がりが原因ですね。マットを叩いてしまっている人は体を前に倒しすぎているのが原因ですね』

6_7_8

「難しいなぁ、どこを注意すればいいんですか?」

石井『“前傾角度を変えない”“お尻の位置を変えない”この2つは安定したショットを打つための絶対条件ですよ』

※次のページ>> “カラダの軸がブレずに振る”ってどういうこと?