胸の中心と左ヒザを結んだ軸がスイングの基準

「前傾角度、お尻の位置に注意したら、徐々に球をしっかり打てる回数が増えてきました!」

石井『段々とスイングらしくなってきましたよ。ここでもうひとつスイングのワンポイントを授けましょう。』

「是非お願いします!」

石井『胸の中心と左ヒザを一本線で繋いだ軸を意識してください』

「へ? 軸ってなんですか?」

9

石井『ゴルフのアドレスでは右手が左手よりも下にあります。自然に上体はやや右に傾き、鎖骨の真ん中と左ヒザを結んだ“斜軸”というものができるんです。スイング中に“斜軸”を崩さないような意識を持てば、プロのようなキレイなスイングを目指せますよ』

10

「アドレスからこの軸をなるべく崩さすに振ればいいんですね。でも、前傾を崩さない、お尻の位置を変えない、いろいろとスイング中にカラダの動きの制限があって大変だ…。」

石井『グリップ、アドレス、ハーフスイング、そして今回話したことが、スイングの基本中の基本です。初心者のうちから取り組んでいけば必ず成長スピードが早くなりますよ』

「今まで教えてもらったチェックポイントをこなして、絶対に上手くなってみせます!」

打つ方向を決めなければ、打つ意味なし!

石井『最後にもうひとつ、今まで話したスイングを基本を練習する際に、必ず “狙う目標”を決めて打ってください』

「目標?とりあえず漠然と、前のほうに真っすぐ飛べばいいんじゃないですか?」

石井『練習場で最もダメな行為は、狙う目標もなく適当にバカスカ打って“真っすぐ飛んだからOK”と納得して帰ることです。ゴルフは目標に向かってボールを打っていくスポーツですから。プロゴルファーだって毎回目標に対して真っすぐ向けていません。ちょっと右を向いたり、左を向いたりっていうのはしょっちゅうですよ。アマチュアが自分はつねに目標に対して構えられているなんて思うのは大間違いなんですよ!』

「…ごめんなさい。“真っすぐ構える”ということを舐めてました。」

石井『わかればよろしい。打席についたら、まずマット上の線になっている場所を確認して、その線がどこを向いているのか必ず把握してください』

11-2

石井『マットの線の確認を終えたら、以下の④ステップをアドレス時に行ってください。』

11-1

①マットの上にある線上にボールをセット
②アドレス時の両ツマ先を繋いだ線が、マットの線と平行になっているかチェック
③両肩の向きマットの線と平行になっているかチェック
④ボールを打って目標に対して真っすぐ飛んだらOK

石井『これが出来たら、“狙ったところにボールを打てている”ということです』

『石井プロありがとうございます。このまま練習を続けていけば、すぐにコースデビューできますか?』

石井『今回は7番アイアンのみレッスンでしたが、基本的にはスイングの本質は変わりません。ですがゴルフにおいて、まだ教えていない重要なことがあります。それは“パッティング”です』

『パッティング?ああ、あのゲートボールみたいなやつですか(ああ、こっちはスイングと違ってチョロいな!)』

続く…

次回は『スコアはすべてパッティングで決まる!』です