前回は、バンカーでのルールとマナー、そして基本的な打ち方を教えてもらい、すっかりバンカーを征服した気分になっていたら、ツアープロコーチの辻村明志さんがにやにや笑いながら、「まだまだ覚えることはいっぱいありますよ」だって。
今回は、目玉の打ち方と、グリーンから遠く離れているフェアウェイバンカーの打ち方をみっちり教えてくれるらしい。
なんかもったいぶっているけど、同じ砂場、場所や状況によってそんなに打ち方が変わるものなの?

取材協力:東京国際空港ゴルフ倶楽部
ライター:真鍋雅彦

————————————–
【コースデビュー編はこちら】
>>http://golflife.alba.co.jp/beginner/765/
【バンカー初級編はこちら】
>>http://golflife.alba.co.jp/beginner/1653/
————————————–

 

目玉には目玉の打ち方がある

目玉のときはリーディングエッジをドスンと落とす

辻村 「まずは目玉の打ち方から覚えましょう。目玉ってどんな状況か覚えてますか?」

「ええ、もちろん覚えていますよ。ボールが砂に埋もれているやつですよね」

01

辻村 「正解です。実は同じバンカーショットでも、砂の上にボールが乗っている場合と、砂に埋もれている場合とでは、打ち方が変わってきます。最大のポイントは、目玉の場合はフェースを開かず、真っすぐに構えるか、若干かぶせる点です」

「たしか通常のバンカーショットではフェースを少し開くんでしたよね?」

辻村 「そうです。通常のバンカーショットでフェースを少し開いたのは、ヘッドを砂の中で滑らせたいからです。しかし目玉の場合は、砂の中にボールが埋まっているので、このボール砂から出すためにはヘッドをより深く砂の中に入れなければいけない。そこでヘッドをかぶせ気味にするわけです」

02

 

左足体重で構えれば自然と打ち込める

「となると、打ち方も少し変わってくるんですか?」

辻村 「だいぶゴルフがわかってきましたね。おっしゃる通り、ヘッドを深く入れるためのポイントがいくつかあります。まず、体重配分。通常は、左右5対5で構えているわけですが、左6対右4といった具合に最初から左足体重にしておく。そうすれば、無理に打ち込まなくても、ヘッドを砂に落とすだけで深く入ってくれるからです」

左足体重にすると鋭角になり深く入ってくれる
左足体重にすると鋭角になり深く入ってくれる

「スタンスの幅とかボールの位置は通常のバンカーショットと同じでいいですか?」

辻村 「スタンス幅は同じで構いませんが、ボールは1個分、右に寄せておきましょう」

「えっ? そうしたら直接ボールに当たっちゃいませんか?」

辻村 「ボールを右に寄せますが、ヘッドはガードバンカーのときと同じように、ボール1個分手前に落とすようにしてください」

04_0104_02

 

ボールを上げようとしないことも大切

「りょーかいです。左足体重で構えて、ヘッドをかぶせ気味にしてボール1個分手前の砂に深く入れればいいんですね」

辻村 「そういうことです。それともう一つ、頭に入れておいて欲しいのは、ボールを上げようとしないことです。かなりゴルフ経験がある人でも、目玉となると、『上にあげなきゃ』という気持ちが強くなり、すくい上げるような打ち方になってしまいます。そうするとヘッドが砂の中に入っていかないので、かえってボールは上がらなくなってしまいます。目玉のときは、小細工などせずに、地面に対してリーディングエッジ(フェースの刃の部分)をドンと落とすというイメージで打った方がいいですね」

指を指している部分がリーディングエッジ
指を指している部分がリーディングエッジ

「話だけを聞いていると、普通のバンカーショットよりも簡単なような気がするな。なんか目玉とはうまく付き合えそうです」

辻村 「そうなるといいですけどね…。まあ、一度打ってみてください」

 

※次のページ>> フェアウェイバンカーでの打ち方