打つ前に、高く打つか、低く出すかを決める

高い位置に障害物がないかどうかを確認

辻村 「さて、実際にボールを打つときですが、ボールを高く上げるのか、それとも低く打ち出すのかが重要なポイントになってきます。というのも、木と木の間には広いスペースがあっても、頭上を見上げると枝が張り巡らされていて、上のほうにはすき間がないというところもありますからね」

「そういう点も、“ボールの気持ち”になって見ておけってことですね」

辻村 「いいことを言いますね。もし高い位置に障害物がなければ、通常と同じように打つ。とはいえ林の中ですからね。フェアウェイと違って芝の上にボールが浮いているわけではないし、足場も悪い場合が多いので大振りは禁物です」

「たとえグリーンが狙えても?」

 

高いボールはショートアイアンでコンパクトに打つ

辻村 「たとえばミドルアイアンで狙える距離が残っていたとしても、ミドルアイアンでのフルショットはリスクが大きすぎる。残り距離に関係なく、長くても9番アイアンまで。それも、クラブを目いっぱい持ってフルスイングするのではなく、少し短めに持ってコンパクトに打つように心がけてください」

005
短く持ってコンパクトに振ろう!

「すべてにおいて“安全第一”なんですね」

辻村 「林にはそれだけ危険がいっぱいあるということです。あなたはまだ初心者だからその怖さがわかっていない。ホントに恐ろしいんだから、林って。私なんか、以前、林に入れたとき…」

「わかりました、わかりました。次にいきましょう」

 

低いボールはミドルアイアンで打つ

辻村 「次に高い位置に障害物があって、低く打ち出さなければいけない場合ですが、どうすればいいと思います?」

「低いボールの打ち方というのがあるんでしょう?」

辻村 「打ち方も重要ですがその前に、低いボールが打てるクラブを持つことが大事です。さきほど高いボールを打つときは長くても9番アイアンまでといいましたが、低い球を打つときは6番か7番アイアンを持つ」

「長いクラブで打つんですね」

辻村 「なぜ9番ではなく6番アイアンか。それは、9番アイアンよりも6番のほうが、ロフト角が小さく(ロフトが立っているともいう)、その分、打ち出し角が低くなるからです」

06
ロフト角はバンカー編にもでてきましたね!

「なんとなくわかります」

 

小さいスイングで打ったら終わり、が低いボールの打ち方

辻村 「次に打ち方です。まずクラブを短めに持ち、スタンス幅をいつもより狭めにする。そしてボールは右足の前に置く。これでセット完了」

07

「これまでとは全く違う構えですね」

辻村 「この構えから、目線を低めにキープし、グリーン周りからのアプローチを打つときぐらいの振り幅で打つ。このとき大事なのは、フォロースルーを取らないこと。ボールを打ったらスイングは終わりぐらいのイメージで振ってください」

08
目線は低くキープ

「ボールが土の上や枯葉の上に乗っている場合でも、この打ち方でいいんですか?」

辻村 「同じ打ち方で大丈夫です。ライに関係なく、ヘッドをボールにしっかり当てるということを意識して打ってください」

renzoku01

renzoku02

renzoku03

renzoku04

「無理をしないということと、高い球を打つか低い球を打つかの選択を間違わなければ、林に入っても何とかなりそうだな」

 

林に入ったら、クラブ2本を持って走れ!

辻村 「そういうことですね。もう一つ大事なアドバイスを。高い球を打つか低い球を打つかは、ボールのところまで行ってみないとわからないので、林に入ったときは必ずクラブを2本持っていくようにしてください。持っていくクラブは…」

「6(7)番アイアンと9番アイアンですね。ああ、なんか林に入れたくなってきたな」

辻村 「いつでもどうぞ!」

続く…