左足下がりは、低い球で勝負

傾斜なりに立って、左足の上で体を回す

辻村 「次は左足下がり。これはちょっと厄介です。なぜなら、ボールが上がりにくいからです。さっきも言ったように、多くのアマチュアはボールを上げようとしてミスをしてしまいますからね」

「ホント、構えた時から上げにくそうに見えるもんな」

辻村 「でも、注意点さえ守れば、ちゃんと打てるようになりますから安心してください。まず最初の注意点ですが、左足上がりと同じように、傾斜なりに立つということです」

右足に体重を乗せてはダメ!
右足に体重を乗せてはダメ!

「左足下がりの場合は体が左に傾いて、左足体重になるんですね」

辻村 「そういうことです。で、今度は、左足の上で体を回すイメージでスイングしましょう」

左足の上で回るイメージ
左足の上で回るイメージ

「実際、傾斜に逆らって真っすぐ立とうとすると、ヘッドがボールに届く感じがしないもんな。傾斜なりに立つというのは理に適っているんですね」

 

傾斜なりにクラブを振っていく

辻村 「傾斜なりに立ったら、クラブも傾斜なりに振っていきます」

クラブも傾斜なりにそのまま振る
クラブも傾斜なりにそのまま振る

「傾斜なりに振るということは、インパクト後、ヘッドが低く出るってことですか? そうするとボールが上がらなくなるのでは?」

辻村 「そもそも左足下がりでボールを上げようとするのが間違いなんです。プロだって、左足下がりでは無理に上げようとしない。低い球でどう攻めていくか? それが左足下がりの鉄則です」

「なるほど。低い球をうまく生かせばいいってことですね」

 

ダフリを防ぐために、ボールは少し右足寄りに置く

辻村 「左足下がりでもう一つ気を付けなければいけないのは、ボールの手前を叩く、いわゆる“ダフリ”にならないことです。平地でもダフったら、ヘッドがボールにうまく当たりませんが、左下がりの斜面でダフったら、極端な話、ヘッドがボールにかすらないことだってありますからね」

“ダフリ”に注意!
“ダフリ”に注意!

「そう言われても、なんかダフリそうだな」

辻村 「ですよね?そこで一つアドバイス。絶対にダフらないために、ボールを少し右足寄りに置けばいいんですよ」

「そういうことは早く言ってくださいよ。なるほど、ボールを右寄りにするちょっとホッとしますね」

ボールを右に置いてダフリを防ぐ
ボールを右に置いてダフリを防ぐ

 

トップでもOKぐらいのつもりで打つ

辻村 「だからと言って安心しちゃダメですよ。気を抜くとすぐにダフっちゃいますから。ダフリが絶対出ないように、むしろボールの頭を叩いてもいいぐらいのつもりで、しっかりヘッドをボールに当てようとすることが大切です」

「頭を叩くってことは、トップするってことですよね。それじゃ、ますますボールが上がらなくなりませんか?」

辻村 「だ・か・ら、ボールは上げなくていいって何度も言っているでしょう? 左足下がりは低い球で勝負するんです」

「ああ、そうだった」

辻村 「低い弾道で、しかもボールはコロがる。そのことを頭に入れて打てばいいんです」

「もう忘れません」

 

左足下がりでも大振りは絶対NG

辻村 「最後にもう一つ。左足上がりの時も言いましたが、傾斜では大振りは禁物です。大振りしてバランスを崩すというのが、最もやってはいけないこと。左足下がりの場合は左足体重で、左足の上で回転するイメージ。それさえできれば大きなミスにはならないものです」

傾斜地で大振りは厳禁!空振りする可能性も
傾斜地で大振りは厳禁!空振りする可能性も

「あとはボールを上げにいかないことですね」

辻村 「ようやくわかってきましたね。まだ、ツマ先上がり・下がりのレッスンが残っているんだから、左足上がり・下がりはさっさとマスターしちゃいましょうね」

「リョーカイです」

 

続く…