練習場って緊張するなぁ。恥をかきたくないし…

受付カット

「ここがゴルフ練習場か!緊張するなぁ…。本当に手ぶらで来たけど大丈夫かなぁ…」

石井プロ登場

「(プロっぽい人だ!この人に聞いてみよう)初めてゴルフの練習にきたんですけど、どうしていいかわからなくて…」

石井『そうですか!私、金田久美子らを指導しているツアープロコーチの石井忍と申します。僕がご案内させていただきますね。それではまずは受付で打席を決めてください!』

「はい!(なんかすごい人っぽいし、この人に色々教えてもらっちゃお)」

まずは受付で打席を決めて打席料を払う

石井『練習場では、打席料とボール代を支払って練習します。まずは受付で打席を決めて、打席料を支払います。打席は1階or2階、右端or真ん中or左端など好きなところを選べます。ボール代は1階>2階>3階の順で高くなります。初心者は2階以上を選ぶほうがいいでしょう。プリペイドカードを導入しているところでは、まずカードを買ってから受付へ行ってください』(※練習場によって料金体系は多少異なります)
打席選択

石井『初めてで恥ずかしいのであれば、2階の端の方にしましょうか!打席が決まったらこちらに来てください。』

カート券売機_D81_6626

石井『大体100球くらい打つならば、券売機で3000円のカードを購入しましょう。おっと!手ぶらですか!ではクラブはレンタルでOKですが、グローブは必要なので購入しましょう』

クラブはレンタルでOK!左手のグローブ着用は必須!

クラブをグリップしているカット

石井『ゴルフでは、クラブのグリップ(握る部分)を持った時のスベリ防止で、グローブを着用します。なぜ左手だけかというと、両手で握ったときに、触れている面積が左手のほうが大きいからです!』

⑩グローブのカット---コピー

石井『男性なら21~26cmの間で1cm刻みのサイズから選べます。何度も使う内に伸びてくるので、試着をして少しキツ目を選んでください。目安は「テープを止めた状態で甲側のテープが3分の1くらい見える」状態。グローブの種類は天然皮革、合成皮革、2つを合わせたもの、3つがありますが、初心者は耐久性のある合成皮革を選びましょう。これがぴったりですね。ではこれをつけて、打席に行きましょう!』

次ページ>>いよいよ打席へ。空振りしても大丈夫!