文/大岡智彦(CORISM) 写真/古宮幸宜 モデル/新井まる 撮影協力:エヴァンタイユゴルフクラブ 衣装協力:KISS ON THE GREEN

趣味性が強い消費財の多くに「プレミアム」とか「プレステージ」、「ラグジュアリー」などといった言葉が多く見受けられます。似たような商品であっても、より高い付加価値をプラスすることで、高額な価格設定として利益を出したいというメーカー側の思惑が見え隠れする部分でもあります。こうした商品の中には、プレミアムブランドなどと呼ばれ、絶大な人気を誇るものが存在します。

_KKC3043

クルマの中にも、こうしたプレミアムブランドへ挑戦しているのがレクサスです。レクサスは、1989年に北米で日本名セルシオをLS400として投入し、その歴史がスタートします。その後、レクサスブランドは着実に成長し、北米で徐々にプレミアムブランドとして認知されていきました。レクサスブランドは、日本でも2005年に導入。当初は苦戦しましたが、最近では圧倒的な低燃費性能を誇るハイブリッドシステムを搭載したモデルが増えたこともあり、徐々に販売台数を伸ばしてきています。

SUVである初代、2代目レクサスRXは、国内でハリアーとして売られていました。3代目でレクサスブランドのみとなり、ハリアーとは別のモデルとして歩み出します。ただし、国内ではハリアーが長寿モデルとして残ってしまったため、3代目RXの売れ行きは今ひとつでした。そんな日本マーケットに対し、北米のRXは、レクサスブランドを支える基幹車種となり大ヒットモデルと成長します。

今回登場したレクサスRXは、4代目となりレクサスブランドのユニークさを際立たせ非常に注目されているモデルです。とくに、デザインが秀逸。レクサスのデザインアイデンティティであるスピンドルグリルは、より大きく存在感を主張。ボディ下部ギリギリまでグリルを伸ばし、下端をワイドにすることで、SUVらしい安定感を生み出しています。

_KKC3046

全体的なデザインは、金属の塊から削り出したような印象で、エッジの効いた多くのキャラクターラインが複雑に絡み合い、シャープでスポーティなシルエットが特徴です。こうした複雑なデザインが可能となっているのは、やはりレクサスがデザインにこだわった証でもあります。これほど複雑な面と線をもつボディパネルは、表現することや生産することが難しいのです。また、歩留まりも悪くなるでしょうから、生産効率面でもデメリットとなります。そのため、トヨタブランドでここまで複雑なデザインをするモデルは数少ない状況です。それをあえて行ったことで、レクサスRXはひと際存在感のあるモデルになったともいえます。

インテリアは、プレミアムSUVとしてのラグジュアリー感をひと際鮮明に進化させています。ソフトで感触の良いレザーが使われた大型のシートに座ると、まさに高級ホテルのソファーのような座り心地です。センターコンソール上部に配置された大型の12.3インチワイドディスプレイは、非常に視認性の高いものとなっています。また、パネル面の接合部や素材の質感など、まさにレクサスといえる精緻を極めた仕上がりとなっていて、この部分はライバルを凌ぐ部分でもあります。

_KKC3016

img_car_vol1golkano-1

 

 

 

Model:新井まる アート専門webマガジンの代表も務めるアクティブゴルファー

8:00 レクサスRXであっという間のドライブ。今日はカノジョのデビューラウンド@エヴァンタイユゴルフクラブ

1

広いラゲッジスペースはキャディバッグを楽々収納

2

8:30 初ラウンドにやる気マンマン

3

Photo Gallery