ゴルフクラブは、同じメーカーでも複数のブランドが存在することがよくあります。例えば、ダンロップならゼクシオとスリクソン、キャロウェイならXシリーズとビッグバーサなど。しかし、自動車メーカーで複数のブランドをもつメーカーは、実はあまりありません。今回紹介するのはそんな数少ない1メーカーで2ブランドをもつトヨタの、レクサスNXです。

文/大岡智彦(CORISM) 写真/古宮幸宜 モデル/雪 撮影協力:ハーモニーヒルズゴルフクラブ 衣装協力:キャロウェイアパレル

レクサスは、1989年にアメリカでスタートしたトヨタの高級車ブランド。当時日本車は燃費がよく丈夫でその上安い。ということもあり、アメリカ市場を席巻していました。しかし、大衆車というイメージが強く、その一方でメルセデス・ベンツやBMWはプレミアムブランドとしての地位を高め、多少高い値段でも売れていました。当然、高級車なので利益も大きくなります。大衆車として評価は高かったトヨタでしたが、より販売台数を伸ばし、利益を増やすために、こうしたプレミアムブランドマーケットに参入する必要が出てきたのです。

力強さとスポーティさを兼ね備えた高いデザイン性

img_car_vol3image01

そんな経緯で生まれたレクサスブランドが、最近、大きくイメージチェンジしました。その最たるモデルがSUVであるレクサスNXです。デザインは、無垢の金属から削り出したようなシャープなボディラインで構成されています。レクサスデザインのキーとなる大きなグリル「スピンドルグリル」との相性もよく、力強さとスポーティさをアピールしています。

基本部分は他のトヨタ車と共用する部分がありますが、レクサスはデザインで非常に高いオリジナリティを持たせトヨタブランドとは差別化に成功しています。複雑な造形が施されており、トヨタブランドではできないくらいのコストと新技術を投入して、NXのボディが生まれています。ヘッドライトも特徴的で、LEDヘッドライトには、レクサスのL字がデザインされているほどです。

img_car_vol3image02

ボディサイズは、全長4,630mm×全幅1,845mm×全高1,645mmと全幅こそややワイドではあるものの、使いやすいサイズとなっていて、やや全高が低めなのが特徴です。SUVではあるものの、全高を低くすることでスポーティさをアピールする手法で、世界的にもブームとなっています。

ゴルカノ's voice

img_car_vol3image03

初めてのゴルフ、テンション上がりすぎて関西弁(笑)

初めてのゴルフ、テンション上がりすぎて関西弁(笑)

車置いてくるからちょっと待っててね!

車置いてくるからちょっと待っててね!

img_car_vol3image06

次ページ>>キャディバッグ横置き楽々!欧米車にはないおもてなしの心

Photo Gallery