スバル インプレッサは、2016年10月にフルモデルチェンジし、このモデルで5代目です。5ドアハッチバックのSPORTのボディサイズは、全長4,460×全幅1,775×全高1,480mmというコンパクトなボディサイズ。世界的にCセグメントと呼ばれるクラスに属しており、このクラスは世界的には超激戦クラスで、国産車ならトヨタ プリウスやマツダ アクセラ、輸入車ならフォルクスワーゲン ゴルフやメルセデス・ベンツAクラスなどがライバルにあげられます。そのため、各社力の入ったモデルが投入されているのです。

文/大岡智彦(CORISM) 写真/古宮幸宜 モデル/西村優奈 撮影協力:玉造ゴルフクラブ 捻木コース 衣装協力:Admiral

スポーツカー並みの走りと安定性を両立

今回のインプレッサは、フルモデルチェンジでプラットフォーム(車台)を一新しました。このプラットフォームは、SGP(スバル グローバル プラットフォーム)と呼ばれています。このSGPが採用されたことで、ボディ剛性は最大で2倍にも引き上げられクルマの基本性能が大幅に上がりました。

impre_0024

クルマは鉄の塊ですが、ゴルフクラブのシャフトのように、捻じれたりしなったりします。この捻じれやしなりが大きすぎると、サスペンションなどがスムースに動かなかったり、乗り心地や操縦安定性が悪化します。今回のインプレッサはSGPにより剛性が上がったことで、走行性能や衝突安全性能が飛躍的に向上したのです。

SGPにより強靭なボディを手に入れた結果、従来モデルとは比べ物にならないほど、走りの質感が向上しています。まず、すぐに分かるのが、乗り心地の良さです。サスペンションがスムースに動くことで、路面の凹凸をシッカリと吸収。不快な振動もしっかりとシャットダウンしてくれています。この快適さは、長距離移動の多いゴルファーにとって、大きなメリットでしょう。疲れ知らずで、ゴルフ場への往復が可能になります。

impre_0007

動的質感も大きく向上しています。指一本分のステアリング操作でも、瞬時に反応。カーブでは、クルマの傾きも適度に抑えられていて、安定した姿勢で走り抜けることができます。運転技術に自信があるひとなら、並みのスポーツカー以上のペースで山道を抜けていける実力があります。スポーツカーのような実力をもちながら、扱いやすいのがインプレッサの魅力と言えるでしょう。

 

ゴルカノ's voice

Model:西村優奈 ゴルフ一家で育った活発系美女 100切りまではあともう少し!

impre_0161

 

08:00 ゴルフ場到着ー!

1

08:30 ごめん…それにしてもいつもより気合い入ってない?(笑)

2

3

次ページ>アイサイトが標準装備の高い安全機能
Photo Gallery